肌に優しい美白

夏本番ですね。外出したいけどジリジリと照りつく紫外線が気になりますよね。日焼けしたくないし、シミが増やえたら嫌だな、女性なら誰でも美肌でいたいと願いますよね。

 

今回は、この時期のお悩みで多いシミ対策についてまとめました。この夏にシミが増えた、濃くなったという悲劇を招かないためにも今からお手入れをしっかりしていきましょう!

 

シミができる原因って?

 

シミをあきらめない!夏本番の美白ケア

 

  1. 紫外線
  2. ストレス
  3. 加齢
  4. 血行不良

 

シミができる大きな原因といえば、やはり紫外線ですよね。紫外線対策ならバッチリしてるわという方も多いのではないでしょうか。では、何故シミがなくならないのか。

 

ここで、今回注目して欲しいのはC血行不良です。

 

シミと血行って関係してるの?

 

シミと血行って関係しています!実は、シミのない肌を目指すためには血行が良いことはとても重要なのです。何をしてもシミが薄くならないという方は、血行不良が原因の一つになっていることも。

 

シミは、肌表面に雲のように浮いているわけではなく、シミの下には金太郎飴のように切っても切ってもメラニンが続いています。紫外線を浴び続けるとメラニンはどんどん作られてしまいます。

 

さらに、シミの表面は紫外線やエアコンの影響などから乾燥して硬くなり、乾燥すると血行も悪くなるため奥に潜むメラニンがスムーズに排出できずに留まってしまいます。メラニンの交通渋滞です。

 

そのメラニンの交通渋滞をなくすためには、血液循環を良くし、メラニン代謝を促すことが大切なのです。単に美白のスキンケアを外から付けるだけでは薄くならないわけですね。外と中のWのケアが必要です。

 

シミの対策 具体的にはどうするの?

  1. 乾燥して硬くなったシミをほぐして保湿する
  2. 血行を良くしてメラニン代謝を促す

 

いつもの美白スキンケアにこの2つをプラスしてみてください。具体的には

ピーリング効果のあるスキンケアで硬くなったシミをほぐす

※紫外線やエアコンにより、お肌は厚くなりスキンケアも浸透しにくくなっています。
ピーリング効果のあるスキンケアでお肌を正常にし、シミ部位を柔らかくほぐすことで浸透を良くしましょう。

血行を良くするマッサージを行う

※美白効果のあるマッサージクリームを用いて血行促進&メラニン代謝を促しましょう

 

長年のシミにお悩みのあなた、シミをほぐす、血行を良くするお手入れを是非取り入れてみてください。