肌に優しい美白

この夏必見!美白ケアをするときの注意点

シミひとつない透明感あふれる白い肌。女性なら誰しも憧れますよね。

 

しかし、いわゆる美白化粧品と言われるものの多くは、これからできるシミそばかすを予防することはできても、今あるシミやそばかすを消し去ることはできないのです。

 

シミやそばかすを完全に消すには、外科的な処置などがもっとも効果的と言えます。でもなかなかレーザー治療や外科的処置をする余裕も勇気もありませんよね。

 

おすすめなのはハイドロキノンでスポット美白

 

 

しかし、どうしてもできてしまったシミを自力で薄くしたいという場合は、ハイドロキノンという漂白作用がある成分が含まれた美白化粧品を使用するようにしましょう。
かるい老人性色素班や炎症性色素沈着であれば、ある程度シミを薄くすることができます。

 

ハイドロキノンの図

 

ハイドロキノンは、皮膚科などでシミをとる治療に用いられることもある成分です。ですが、市販で手にはいるものであれば、濃度的にもそれほど濃くないため、安心して使えるのではないでしょうか。シミはできてしまうと、なかなか取れないものです。初期段階のうちに、ハイドロキノン成分が含まれた化粧品を使っていきましょう。

 

できてしまったシミをケアするよりも、シミやそばかすを作らないようにすること、つまり予防が、美白肌を作るためのもっとも重要な対策であり、近道でもあります。

 

まず、もっとも大切なのは、紫外線に当たらないようにすること。紫外線は真夏だけでなく、量は違えど1年中降り注いでいるものです。UVカット効果のある日焼け止めや化粧下地、日中美容液などを年間通して使うことが大切になります。

 

メラニンは肌のターンオーバーで

 

そして、シミの原因となっているのが、メラノサイトが作り出すメラニンです。メラニンは肌のターンオーバーがしっかりしていれば、自然と肌表面に押し上げられ、古い角質と一緒にはがれてくれるのですが、年齢を重ねていくにしたがって肌のターンオーバーがなかなかできなくなり、メラニンが肌に残って、シミになっていくのです。

 

ターンオーバーの図

 

ですからシミの予防という観点において、肌のターンオーバーを整えてくれる成分の入った化粧品でケアすることはとても大切です。

 

ターンオーバーを促してくれる成分とは、ビタミンCです。ビタミンCと、ハイドロキノンをダブルで使ってあげることで、できてしまったシミにも、これからできてしまう可能性があるシミ予備軍にも効果的な美白ケアとなってくれます。

 

この夏、ぜひビタミンCとハイドロキノンで、白く輝く美肌を目指してみましょう!

女性は肌のお悩みが多いのではないでしょうか。年齢を重ねるにつれて、部分的にきになったり、シミ、ソバカス、シワなど全体的に気になってきます。

 

また、ホルモンのバランスによって肌の状態は変化していくのでケアするのも難しいところがあります。まれに、化粧品が肌に合わなかったりということもあります。そのため、化粧品を選ぶのに慎重にならなくてはなりません。

 

シミに悩む前に日焼け止めを

 

美白ケアについての基本といえば、やはり肌を焼かないことですね。夏になってくるとかなり紫外線が強くなってくるため日焼け止めは手放せません。まず日焼け止めの塗り方としては薄すぎず、厚すぎずに塗ることです。顔で焼けやすい部分としては、おでこ、鼻、頬の高いところ、顎が特に焼けやすいと言われています。

 

シミで悩む前に注意したい 。日焼けから肌を守るお気軽ケア

 

焼けやすい部分を中心に日焼け止めをのばしていくといいです。そして、汗や皮脂などで日焼け止めは落ちていくので数時間置きに塗り直しが必要です。これを行うことでより、日焼け止めの効果がグンと上がります。

 

そして、日焼けをしてしまったあとはしっかりと冷やしてあげます。日焼けはやけどの一種なので出来るだけ早めに冷やして肌の温度を下げてあげましょう。そしてきめ細かい泡で洗顔を行い、さっぱりとした化粧水をたっぷりと叩きこみましょう。

 

少量の化粧水だと手の方に持っていかれるので出来るだけたくさんの量を顔に付けてあげましょう。そうすることで、肌のトーンがアップしてきます。最後に乳液などで保湿をしっかりとして肌の保護を行います。
これだけで充分、日焼け後のお手入れが出来ています。あまり沢山のクリームや液を顔や肌に塗るのはオススメしません。

 

なぜなら、肌を甘やかしているから。たくさんの化粧品を試す事は大切ですが、色んなものを1度に付けていくのは効果が全く得られません。

 

美白化粧品は2週間のスパンで試してみるのがおすすめ

 

シミで悩む前に注意したい 。日焼けから肌を守るお気軽ケア

 

もし、試していきたい場合は2週間置きに変えていくのが良いです。すぐに新しいものに変えたりするのは肌も疲れてしまいます。肌の状態を見ながら化粧品を変えたり、試してみたりしましょう。簡単なお手入れをしっかりと欠かさずにするだけでお肌も充分だったりしますよ。

 

肌は敏感にできていますので、表だけでなく、肌の根本からケアをしてあげましょう。そうすることで、シミやソバカスが出てくるのを大幅に遅らすことができます。このように肌を大切に、また労わってあげることで肌は喜んでいます。

続きを読む≫ 2016/08/15 16:20:15

夏本番ですね。外出したいけどジリジリと照りつく紫外線が気になりますよね。日焼けしたくないし、シミが増やえたら嫌だな、女性なら誰でも美肌でいたいと願いますよね。

 

今回は、この時期のお悩みで多いシミ対策についてまとめました。この夏にシミが増えた、濃くなったという悲劇を招かないためにも今からお手入れをしっかりしていきましょう!

 

シミができる原因って?

 

シミをあきらめない!夏本番の美白ケア

 

  1. 紫外線
  2. ストレス
  3. 加齢
  4. 血行不良

 

シミができる大きな原因といえば、やはり紫外線ですよね。紫外線対策ならバッチリしてるわという方も多いのではないでしょうか。では、何故シミがなくならないのか。

 

ここで、今回注目して欲しいのはC血行不良です。

 

シミと血行って関係してるの?

 

シミと血行って関係しています!実は、シミのない肌を目指すためには血行が良いことはとても重要なのです。何をしてもシミが薄くならないという方は、血行不良が原因の一つになっていることも。

 

シミは、肌表面に雲のように浮いているわけではなく、シミの下には金太郎飴のように切っても切ってもメラニンが続いています。紫外線を浴び続けるとメラニンはどんどん作られてしまいます。

 

さらに、シミの表面は紫外線やエアコンの影響などから乾燥して硬くなり、乾燥すると血行も悪くなるため奥に潜むメラニンがスムーズに排出できずに留まってしまいます。メラニンの交通渋滞です。

 

そのメラニンの交通渋滞をなくすためには、血液循環を良くし、メラニン代謝を促すことが大切なのです。単に美白のスキンケアを外から付けるだけでは薄くならないわけですね。外と中のWのケアが必要です。

 

シミの対策 具体的にはどうするの?

  1. 乾燥して硬くなったシミをほぐして保湿する
  2. 血行を良くしてメラニン代謝を促す

 

いつもの美白スキンケアにこの2つをプラスしてみてください。具体的には

ピーリング効果のあるスキンケアで硬くなったシミをほぐす

※紫外線やエアコンにより、お肌は厚くなりスキンケアも浸透しにくくなっています。
ピーリング効果のあるスキンケアでお肌を正常にし、シミ部位を柔らかくほぐすことで浸透を良くしましょう。

血行を良くするマッサージを行う

※美白効果のあるマッサージクリームを用いて血行促進&メラニン代謝を促しましょう

 

長年のシミにお悩みのあなた、シミをほぐす、血行を良くするお手入れを是非取り入れてみてください。

続きを読む≫ 2016/08/06 14:34:06